生活の金メダル

気になるあの人の噂まとめ★BuzzPress (バズプレス)

「人生って人との出逢いで変わると思いませんか?」人が好きな管理人の幻(まほろ)があの人の噂話や裏話など気になった情報についてキュレーションして毎日ご紹介。知りたい情報に出逢えたり、共感したらRSS登録をどうぞ♪

姉妹サイト

© 気になるあの人の噂まとめ★BuzzPress (バズプレス) All rights reserved.

asadamao-inntai

20154/18

浅田真央の2015年引退撤回の本当の理由は?復帰の決め手の言葉はコレ

2015年の1年間の休養を発表していた浅田真央(あさだ まお)選手ですが、休養後の復帰ハーフハーフと答えて先のことは自分でもよくわからないと発言していましたが、2015年5月18日にハーフハーフの答えを1つに決め現役続行を発表

浅田真央が引退せず現役続行を決めた理由や、結婚や、辞めたいけど辞められない裏事情等、噂の内容も検証しました。浅田真央の復帰の決め手とも言われる伊藤みどりの言葉も紹介します。

スポンサーリンク

浅田真央の引退発言の真相は?2014年ソチオリンピック後の変化とは

浅田真央選手は2014年2月ソチオリンピック前に、このオリンピックを選手としての集大成とすると語っていました。

そのソチオリンピックを振り返ると・・・初日のショートプログラムミス連発で16位
そこから、2日目のフリーで自己最高スコアをマークして、6位入賞を果たした姿に驚きと感動を貰った人も多いかもしれません。

浅田真央選手は、こうコメントしています。

(SPは)やっぱり、すごく悲しくて、悔しくかったですね。“今まで何をやってきたんだろう”って思って。このままだったらどうしようって気持ちでした。今でも悔しいですし、取り返しのつかないミスをしてしまったんだなって思っています

asadamao-inntai

また、休養の理由については、こうコメントしています。

自分のスケート生活で試合に出ないシーズンはなかった。小さな頃は365日滑っていても全然平気でしたし、試合も自分の姉(の舞)と競い合って、負けたくないという気持ちでやってきた。やはりシニアに上がって、たくさんのプレッシャーもありましたし、すごい神経を集中して練習をしてきたのも体も心も負担になってきているんだなとは感じていた。ソチ五輪シーズンが終わってみて、やり切った!と思ったが、まだ引退という決断に至っていない

体も心も疲れているので、とにかく1回休もうと思った。

私自身も先のことは分からなくて、逆に、その時の流れに任せればいいのかなというのが今の気持ち。来季についてはお休みするという形だが、その次のシーズンについては、やはりまだハーフハーフなんじゃないかなと思う(笑)

スポンサーリンク

浅田真央の引退がハーフハーフだった理由とは?

浅田真央選手の引退理由について、大別すると3つの理由が有力と言われています。
1.オリンピック金メダルで有終の美を飾って引退したい
2.とにかく疲れたから休養したい
3.事情があって辞めたいけど辞められない

1は、続ける理由としては有力だと思います。

2についても、小学生から休まず23歳まで365日練習という毎日を続けた真央さんの気持ちを考えると、当然あって然るべき考え。

そして、3つ目の理由・・・。もしかしたら、真央選手も苦悩しているのかもしれませんが、週刊誌によると、こんな話が記事になっていました。

浅田真央はプロ宣言していないため、CM収入の20%をスケート連盟に納めなければならない。浅田は1社あたり3千万円、計10社とスポンサー契約し3億円を得ている。浅田がプロ転向すれば、スケート連盟は(3億×20%=)6千万の収入を失うことになり、阻止したい。
別の週刊誌ではスケ連の搾取は20%どころではない、とも・・・)

また、浅田真央がプロ宣言すればテレビ局の放映権料を失うことになる。テレビ局側が「浅田真央が人気で視聴率取れてたから高いお金をスケ連に払ってたけど、浅田がいなくなったら魅力ないしお金払わない」と放映権料を失うことも心配している。

さらに、アイスショーに出演するギャラはプロの荒川選手なら100-150万円プロでない真央選手は30万円程度だそうで、このギャラについても、スケート連盟が大半を持っていっている。

3つ目の理由について、真偽レベルの検証は出来ませんでしたが、ある意味ではスケート連盟の強化選手に選ばれたから道が開けた一面はあるにしても、本人が辞めたいなら辞めさせてあげて欲しいですね。

浅田真央が引退した場合の次の職業の噂とは?

週刊誌の噂レベルなので、信ぴょう性?ですが、浅田真央さんは引退して、2015年7月から日本テレビのニュースZEROのキャスターの活動を始めるという噂が広まっていました。結局は、ガセネタでしたけど、姉の浅田舞さんに触発されて、新しい事をやりたくなったという気持ちの動きがあったのは本当ぽい。

浅田真央が現役復帰を決意した言葉とは?

現役続行か、引退(プロ転向)かのたくさんの葛藤をされた浅田真央さんですが、インタビューを聞いても、どれか1つの理由で現役続行かどうかを決めたわけではなく、『いろいろ考えた結果、自分が現役を続行したいと思った』というのが本音の様子。

ただ、同じ名古屋が地元で、浅田真央さんが尊敬している先輩でもある元スケート選手の伊藤みどりさんと対談した際に、2つの言葉を貰って、現役続行に気持ちが傾いた様子

1つは

継続は力なり。

という言葉で、もう1つは

自分が後悔しないように決断してほしい。自分がやりたいと思ってもできないこともあるから、やりたいのならやった方がいいよ

少しでも現役で再チャレンジしたいなら、やらずに後悔するのではなく、やって後悔した方がいいよってコトだと思いますが、これは私たちもステージは違えど、同じことが言えるかもしれませんね。

まとめ

1年間引退か現役続行(プロ転向)を悩みに悩んだ浅田真央選手が出した答えは、現役続行。結論が出た今、当面の浅田真央さんの目標は2015年12月の全日本選手権のようです。アイスショーも勿論のこと、全日本選手権での浅田真央さんの復帰を心待ちにしましょう!

最後に、浅田真央さんの父親の職業や娘の為のサポート内容をまとめた記事や、浅田真央の熱愛の噂をまとめた記事を紹介します。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

nishikori-chan

20149/5

錦織圭をコーチするマイケル・チャンの指導内容やギャラ指導料は?

2014年全米オープンで日本人史上初の準優勝という結果を残した錦織圭選手。続くマレーシアオープンと楽天オープンで優勝し世界ランキングは自己最…

hiraguchiyuuki-kawaii0

20166/12

平口結貴(ビリヤード)のインスタ画像が可愛い!彼氏や鳴海コーチや高校大学の情報も

北海道出身でビリヤード女子高生として知られていた平口結貴(ひらぐちゆうき)が現役最年少のプロのビリヤード選手として2016年7月から活動を開…

kuniedashingo-kamiji-top

20149/9

国枝慎吾が車いすテニスで年間グランドスラム達成!優勝賞金や年収は

2014年の全米オープンのグランドスラムを達成した日本人が2人います。2014年の全米オープンをシングルスとダブルスで優勝した国枝慎吾選手と…

nishikorikei-top

20149/4

錦織圭が彼女の坪井保菜美と結婚?年収や最新のランキング情報も

2014年の全米オープンで、日本人史上初のグランドスラム決勝進出を決めた錦織圭。自身も2012年の全豪の8強の記録を超える活躍で、日本時間9…

asadamao-father-top

20147/18

浅田真央の父親が娘の為に仕事や職業を変更?ボブカットにした理由も

浅田真央(あさだ まお)が、3歳の時以来に20年ぶりに髪をショートにしたボブカットがかわいいと話題になっています。 そんな浅田真央が日…

hondakeisuke-top

201411/22

本田圭佑の座右の銘『強くなれ』とは?代理人の兄との過去に秘密が!

イタリアのプロサッカー名門クラブACミランでレギュラーフォワードとして活躍する本田圭佑選手。サッカー日本代表の大黒柱でもある本田圭佑選手の座…

suzuki_bolt

20149/14

鈴木武蔵の父とボルトの関係は?やべっちFCでのモノマネや彼女の噂も

U-21のサッカー日本代表のFWで鈴木武蔵選手が、2014年のアジア大会1次リーグで2得点を決めて話題になっています。やべっちFCのデジっち…

higuchiwakaba-kimuyona2

201412/28

樋口新葉が韓国のキムヨナを目指す理由は?性格や態度や生意気発言も

浅田真央選手が休養中で復帰もハーフハーフと言われる今、女子フィギュアスケート界で待望の新星と言われているのが2001年生まれの樋口新葉(ひぐ…

uchimurakouhei-rio-gold2

20168/23

内村航平がタバコを吸ってる写真は?喫煙の理由や銘柄も調べてみた

リオ五輪の体操で一番印象深い選手と言えば白井選手も思い浮かびますが、一番はやはり内村航平(うちむらこうへい)選手という方が多いのでは?世界選…

hanyu-ishou-top

201412/14

羽生結弦の衣装の値段は?ジョニーのデザインからの変更点を画像検証

フィギュアスケートのGPシリーズの上位6人のみが参加する2014年のGPファイナルでソチ五輪の金メダリストの羽生結弦選手が2連覇を達成しまし…

ページ上部へ戻る